FC2ブログ

プロフィール

勇那弥 izanami

Author:勇那弥 izanami
ようこそ、ブログ「キノル・コトゥーバ」へ

不思議大好きな勇那弥 izanamiです。
日本とユダヤの繋がりを中心に不思議系のブログを綴っていきます。
お楽しみに。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


ランキング


『声』と『言う』 ヘブライ語と日本語の繋がり


いやぁ〜(////∧////)ゞ
なんとまあ、風邪で2日も寝込んでしまった。

でもって少しの間だが、声がガサガサになってしまっただ。。。
水を飲んだら、すぐに復活したのだが、朝起きて声が出なくてびびったわ〜w

咳はしばらく続いたけど、今は熱が出てるので咳は落ち着いているのかも。

それで、ふと思ったのだが ·····
「声」ってヘブライ語でなんて言うんだろ?

····· で、調べてみた\(^o^)/

「コル」「コラ」「コー」

おや?σ( ・Δ・ )?どこかで聞いた感じ。

そう!
英語の「call」。

ヘブライ語で『神の声』は「コーヤ」。
これってば 関係者からは怒られるかもしれないけど、「コーラン」の語源だと思われる。

201809131913252d8.png


イタリア語だと「voce」、
これが日本人の耳には「ゴーチェ」か「ボーチェ」に聞こえる。
微妙に「コーヤ」の名残が ····· 。
無理矢理かな(^^;


トルコ語だと「ses」。
日本語の「声」を音読みすると「セイ」。
英語では「say」セイ。

えっ∑(・ω・ノ)ノ!似てる!


さらに調べると
中華圏では「聲」=「シェン」。
「S」から始まる発音。

ところがギリシャ語などでは全く違う発音になってしまうところが不思議。

さらにポリネシア圏も調べてみたのだが、『声』=「Leo」なので ····· これも違うようだ。
しかし、マオリ語では『言う』=「Hei korero」。
なんだか、「こえ」と「Leo(声)」が混ざったようになる。

と、すると ····· 日本語だけが飛び地のようにヘブライ語に近い ····· という不思議な現象が起きているのだ。

いやいや(;゜゜)ノシ
結論を急ぐのは良くない。

これは単なる偶然かもしれない。
熱が出てる頭で考えてるからだ〜。

というわけで、ちゃんと寝ることにするw
固形物が喉を通らないので、ポタージュを飲んでいるのだが。。。

声は出てる。w
では、おやすみなさい〜。
20180913191306688.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |